NO.93 警察官達の薄汚い犯罪(31)

警察には 『署長3回、家が建つ』 とのことわざがあります。

捜査費の 〔ニセ領収書〕 〔特別警備費〕 の着服などの犯罪により得た裏金は、
毎月1回以上の警部以上のおみやげ付き飲み会の費用に流用されており、

その他 〔年初の武道始め祝い金〕 〔防犯協会〕 〔交通安全協会〕
〔警察懇話会〕 〔各課捜査費〕 〔町会有力者の寄付〕 〔警備費の収入〕
〔署員会費〕 〔共済組合〕 〔互助組合〕 〔毎月の署員の超過手当てのカット分〕

等、これでもかと言う程に犯罪を重ねて警察の私服を肥やしています。

これらの方法は当然日本全国で例外なく行われている訳で、
あなたの街でマジメそうにしている警察官も、例外なく「犯罪者」なのです。

その犯罪者の中でも特に救いの無い「人間のクズ」、
それが警察署長なのです。














  
警察官が偽造したニセ領収書です。



警察の不正は許さない!

警察の裏金犯罪に対する糾弾は全国で加速しています。

  日刊ベリタ「警察の裏金」
    http://www.nikkanberita.com/   

  明るい警察を実現する全国ネットワーク

 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?page=FrontPage