NO.32 警察官は法律が大の苦手

ある時大阪の片田舎にある
黒山警察署の交通課係長の西納等警部補から私に電話が有りました。

『オタクでは広告で電動キックボードを公道OKと言って売っているそうじゃないか』
私は余りにエラそうな態度で『オタク』などと言ってくる事にカチンと来ました。

「オタクとは何ですか、失礼な態度を謝罪しないなら、電話を切りますヨ」
と何度言っても西納係長は『オタク』と言ってはばかりません。

私は電話を黒山署の福重署長にかけ直して西納係長の無礼を謝罪するよう強く要求しました。

すると今度は交通課の山田課長が電話に出て来て西納係長に謝罪をさせました。
そして私が山田課長に道交法により電動キックボードが原動機付自転車に該当せず、
車両法では文言が全く的をはずしている条文を読み上げて、まくし立てたところ、
意外にも素直に『解りました』と拍子抜けな返事。

法律に無知な警察官程、条文を読み上げられると困ってしまうのでしょう。

◎電動キックボードが公道OKであるとの確認は下記警察へ!  
大阪府警黒山警察署交通課山田課長まで。

TEL072-362-1234
(ただし平気な顔をしてウソを付く恐れが高いのでご注意下さい。)です。