NO.19 茨城県警  関 貴司


ズルイ警察にムカついたりしていませんか。

不況による犯罪の増加や9.11の同時テロ以来、
日本でも警察国家的な動きが強まり、
やたらと権力がシャシャリ出てくる危なさを感じています。

交通警察のオービスでの取締りでも
激増しているオービスの誤作動は、『一部の冤罪はしかたがない』
と言わんばかりの強引な取締りをしています。

一例としては茨城県警察本部交通機動隊の関貴司巡査部長のように
オービスの通知状に写真のコピーまで添えて出頭しないと逮捕するぞとの
凶悪犯顔負けのオドシ文書までまかり通っています。

このような頭の悪い権力指向の警察官にとっては
主権者である私達納税者の冤罪被害やプライバシーなど全く眼中にないのでしょう。